平成30年東京ゐのはな会新年会

平成30年1月13日(土) 銀座アスター御茶ノ水賓館におきまして新年会を開催しました。

 

平成30年度 東京ゐのはな会新年会のご報告

 平成30年の東京ゐのはな会新年会を1月13日銀座アスター御茶ノ水賓館にて開催しました。会員の先生方にとって1月の始めの忙しい時期にもかかわらず多数の参加を頂きました。今回は特別講演としてお二人の先生をお招きしました。お一人は千葉大学病院長・副学長の山本修一先生(昭58)で「千葉大学病院の目指すところ」というタイトルで、千葉大学病院の置かれている現状と改革、将来展望についてお話し頂きました。国立大学全体に共通する問題点、各大学が抱える問題点についてお話し頂きました。私立大学、市中病院にも共通する内容や、参考にすべき内容で会員の反響も大でした。もうお一方は日本医師会常任理事・千葉大学客員教授の石川広己先生(昭55)の講演で「日本の上品な医療ビックデータ構築に向けて」というタイトルで日医の立場から安全かつ有効な方法で様々な医療データの集積と解析を行う方策をお話し頂きました。ショートスピーチとしては神保りか先生(平14)の自己紹介、現在の勤務先である東都文京病院健診センターでの自身の取り組みについて示され、医学部4年の上野健君の自己紹介と挨拶、医学部3年の中西恵さんもハーバード大学の研修についての報告がありました。若い世代のスピーチから大学の未来は明るいと確信するものでした。懇親会では唐澤祥人、前日医会長(昭43)のご挨拶、伊藤達雄、前東京ゐのはな会会長の乾杯のご発声に始まり、和やかなムードで進行し、世代を超えた情報交換がなされました。本年6月9日には千葉大学ゐのはな同窓会総会を東京ゐのはな会が担当しますので、役員一同魅力ある企画を考え全国的な会を成功させたいと考えています。

東京ゐのはな会会長 吉原俊雄(S53)

 参加された先生を学年順の氏名(敬称略)で述べさせて頂きます。
(出席者)村瀬靖(昭30)、神田敬(昭35)、岩倉弘毅(昭37)、宮下久夫(昭38)、伊藤達雄(S42)、唐澤祥人(昭43)、中林正雄(昭43)、奥村康(昭44)、橋本英明(昭45)、林泰(昭45)、堀内正敏(昭45)、矢端幸夫(昭46)、佐藤 元(昭50)、高林克日己(昭50)、石川てる代(昭53)、吉原俊雄(昭53)、栗原正利(昭54)、永瀬祐三(昭54)、藤田明(昭55)、石川広己(昭55)、永田博史(昭57)、小宮山伸之(昭58)、村山耕一郎(昭58)、山本修一(昭58)、赤倉功一郎(昭59)、島田英昭(昭59)、窪田徳幸(昭60)、中川敬一(昭60)、加藤直也(昭61)、中世古知昭(昭63)、石井康宏(平1)、加藤厚(平1)、安西尚彦(平2)、岡田吉弘(平2)、岡本和久(平2)、石塚満(平3)、三浦文彦(平3)、井上賢治(平5)、菱木知郎(平5)、横須賀忠(平5)、溝渕輝明(平7)、三澤園子(平11)、神保りか(平14)、中馬久美子(平15)吉村健祐(平19)、佐藤真洋(平21)、中上桂吾(平21)、吉原晋太郎(平21)、黒川友哉(平23)、豊田幸子(平23)、上野健(医4)、中西恵(医3)